Home

西田敏行 映画 風になりたい

映画『風の電話』でモトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行が傷ついた心を癒やす /04/11 西田敏行 映画 風になりたい 08:00 諏訪敦彦が18年ぶりに日本で監督『風の電話』の制作が決定. 映画『風の電話』の特報が公開された。 年1月24日から公開される同作は、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから、岩手の. 『風の電話』© 映画「風の電話」製作委員会 初々しいモトーラ世理奈を支える西田敏行、西島秀俊、三浦友和ら豪華共演陣! そんなハルの旅を支えるのが、西田敏行、西島秀俊、三浦友和といった名優たちだ。. 「労災保険適用、実現させたい」日本俳優連合理事長・西田敏行さん 会員限定有料記事 毎日新聞 年3月20日 11時30分 (最終更新 3月20日 11時30分. 西田敏行の新作映画、写真、画像、動画、関連ニュースの情報。福島県出身。中学校卒業後に上京する。明治大学を退学し、60年代後半からtv. (C) 映画「風の電話」製作委員会 岩手県の大槌町に実在する「風の電話」をモチーフに、諏訪敦彦監督がモトーラ世里奈を主演に、震災で家族を失くした少女の再生の旅を描いた映画『風の電話』を紹介しました。 悲しみの中、生きる希望を失った少女が、旅の途中で出会う人々の優しさに触れ、心がどのように変化していくのか?また、少女が「風の電話」にたどり着いた時、何を語るのか? 主人公ハルと、見事にシンクロしたモトーラ世里奈の演技にも、注目です。.

映画: ハルウララ: 製作会社・配給会社: アマナスキネマ東京、映画ハルウララ製作委員会: 公開日: 年4月9日(土)高知先行ロードショー. 年4月11日 風になりたい 8時00分. 「もう一度、話したい。」モトーラ世理奈主演『風の電話』特報解禁 - モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務め、俳優の西島秀俊、三浦友和. 『風の電話』『恋恋豆花』の両作は、それじたいが素晴らしい年初頭を飾る日本映画の傑作としてありつつも、モトーラ世理奈というあらたな. 「西田敏行」の映画特集・連載記事 検索語: 全ての記事 作品情報 ニュース 特集・連載記事 話題のキーワード 特集・連載記事 ( 西田敏行 映画 風になりたい 全63件 ). (C) 映画「風の電話」製作委員会 【日本公開】 年(日本) 【監督】 諏訪敦彦 【キャスト】 モトーラ世理奈、西島秀俊、西田敏行、三浦友和、渡辺真起子、山本未來、占部房子、池津祥子、石橋けい、篠原篤、別府康子 【作品概要】 岩手県の大槌町のある「風の電話」をモチーフに、震災で家族を失った少女の再生の旅を描いた映画『風の電話』。 監督は、日仏合作映画『不完全なふたり』がフランスでロングランヒットを記録、『ユキとニナ』ではカンヌ国際映画祭監督週間に出品されるなど、国内外で活躍の諏訪敦彦監督です。 主人公のハル役は、そんな諏訪監督から絶大なる信頼を受ける、モトーラ世里奈が演じています。 また、旅の途中で出会う人々に、西島秀俊、西田敏行、三浦友和など実力派俳優が登場。彼らとの共演により、さらに輝きだすハル(モトーラ世里奈)の演技に注目です。. 西田敏行、台本なしの現場は「まるでジャズの即興演奏」 故郷・福島への熱い思いを吐露 の. 西田敏行作品・これ探してます! 西田敏行 映画 風になりたい tvドラマか映画なのか分からないので カテ違いでしたら申し訳ありません 西田敏行さんは大好きな俳優さんの1人です 西田さんの出演作品やそのセリフ・シーン等を 語る人.

モトーラ世理奈とはいったいどのような女優なのだろうか。年末の完成披露試写会で、西島、西田、三浦は彼女についての印象をこう述べている。 彼らの言葉は大げさではない。映画を見れば、衝撃を受けるはずだ。この若き女優の存在が、本作に“見たこともない輝き”をもたらしているからだ。 東京出身の21歳。年に雑誌「装苑」でモデルデビューを果たし、16年には「RADWIMPS」によるアルバム「人間開花」のジャケット写真に起用され大きな話題をさらった。18年3月にはパリコレデビューも飾り、映画「少女邂逅」で華やかに女優デビュー。今、映画人が最注目する期待の“新ミューズ”だ。 彼女は、いうなれば“静寂の女優”だ。その芝居には、澄み切った海の底から月を見上げるような感覚がみなぎっている。そして本作は、モトーラを長回しでとらえるショットが非常に多いことが印象的だ。長回しで撮ってみたくなる女優。諏訪監督は「彼女だけの時間が流れている」としたうえで、「黙っている時間が長くても、見ていて全然飽きがこない」と、理屈では測れない不思議な魅力に言及している。 繰り返しになるが、本作は長回しが非常に多い。カメラはじっとモトーラを見つめ、モトーラもカメラを見つめ返し、そしてスクリーンのこちら側にいる観客に語りかけてくるのだ。 物語はハルが大槌町へと旅する様子を切り取るが、撮影は物語と同じ順序で実施されていった(つまり順撮り)。それだけに、モトーラはハルが経験することを、そのまま自身の体験として内面化することができていた。 ハルが発する言葉は、果たして台本に書かれたセリフなのか、それともモトーラ自身の心からの言葉なのか――。区別はできないし、区別する意味もない。ただただ、映るモトーラの存在感に圧倒されるばかりである。. この電話をモチーフにした初めての映像作品が年1月24日(金)全国ロードショーとなります! この度、完成披露試写会にキャストが大集合!モトーラ世理奈・西島秀俊・西田敏行・三浦友和の豪華キャスト陣と諏訪敦彦監督がイベントに登壇しました。. 美女を食事に誘えなかった西田敏行に、中村雅俊「僕は誘いました」. 故人と話す「風の電話」映画化 メインキャストにモトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行. See full list on eiga. あ、それからプロ野球の広島カープも大好きで、観劇と映画鑑賞の感想を中心に、時々カープのことも熱く語りたいと思います。 よろしくお願いします。. 西田敏行 映画 風になりたい この“風の電話”は多くのメディアに取り上げられ、何度も映像化の企画が浮上したが、いずれも成立することはなかった。しかし傷ついた人たちが癒されていくコンセプト、魅力的なキャスト・スタッフが集結したことにより、ついに“珠玉の感動作”として完成することができた。 ここでは「風の電話とはなんなのか」、そして「物語はどういったものなのか」を紐解いていこう。 年、大槌町のガーデンデザイナー・佐々木格氏は、自宅の庭に電話ボックスを設置し、なかにラインを引いていない黒電話を置いた。「死別した従兄弟と話したい」。佐々木氏のそんな思いを込めたそれは、「天国につながる“風の電話”」と呼ばれ人々の間に広まっていった。 同年3月11日以後、“風の電話”は各メディアでも報じられるようになり、ドキュメンタリー番組で取り上げられることもあった。その内容に感銘を受けた本作の企画プロデューサーは、同氏のもとを何度も訪れ、映画化の許諾を得ることができた。そうして――悲しみを抱えて生きる人々に、静かに寄り添う映画が誕生した。 物語の主人公は、故郷・大槌町で東日本大震災に遭い、家族を奪われた女子高生ハル。今は広島の叔母の家に身を寄せ、仄暗い日常の底で、膝を抱えて悲しみにくれている。 映画は、そんな少女が広島から故郷・大槌町に帰り、人々との交流を経て“風の電話”にたどり着くまでの道程を通じて、“傷ついた心の救済”や“人々が忘れかけている大切なもの”を映し出していく。 主演は注目の若手女優・モトーラ世理奈。さらに西島秀俊、西田敏行、三浦友和といった実力派俳優が顔をそろえ、“唯一無二の映画体験”を観客に届けるべく、熱演を見せている。. (C) 映画「風の電話」製作委員会 年、岩手県の大槌町在住、ガーデン・デザイナー佐々木格氏が、死別した義兄弟ともう一度話したいという思いで、自宅の庭に設置した「風の電話」。 その電話は、東日本大震災後、天国に繋がる電話として広がり、3万人を超える人々がこの場所を訪れています。 東日本大震災から9年。岩手県の沿岸では、いまでも復興作業が続いています。物語の舞台にもなる大槌町は、町のシンボルでもある「ひょうたん島」型の新しい駅も誕生しました。 しかし現在の三陸鉄道は、台風19号の影響により、大槌駅を含む一部区間で運転を見合わせています。 新しい建物が建っていく一方で、地盤の緩さや、町の再建、医療や人口問題など、抱える問題も多岐に渡ります。いかに復興と言っても長い年月が必要なのだと、8年経ったいまでも改めて感じます。 度重なる自然災害や、悲惨な事件、思いがけない事故などで辛い経験をし、この映画の主人公ハルのように、やり場のない悲しみに押しつぶされそうに日々生きている方もいるかもしれません。 ハルは、家族や大事な人がいなくなる恐怖から逃げるように旅に出ます。旅を始めた頃のハルは、「生きていても意味がない。家族みんなの所に行きたい」と、ほとんど死んでいる状態でした。 土砂災害の現場で、ふらふらと歩き回り泣き崩れるシーンは、ハルの苦しみが痛いほど伝わってきました。 そんなハルが、広島から岩手までの旅で、出会った人々によって生かされていきます。人々の優しさに触れ、苦しいのは自分だけではないことに気付いていきます。 中でも、福島出身の森尾との出会いは、ハルにとって大事な出会いとなりました。ハルと森尾は、幸せな生活が一瞬にして無くなるという同じ悲しみを持つ者同士でした。 そして、大槌町での「風の電話」のラストシーン。青空の見える晴れた日の丘の上。ポツンと佇む白い電話ボックス。中に置かれた黒電話。まるでそこだけファンタジーのような美しい風景が広がっていました。 陽の光が優しく包み込み、そよそよと吹く風が、天国から声を届けてくれるようです。 受話器をとり、「もしもし」と家族に向かって話しかけるモトーラ世里奈の佇まいが、本当にハルが存在しているように感じられ、涙があふれてきます。 死んだような状態で広島を旅立ったハルが、故郷の大槌にたどり着いた時、生きる希望を見出して.

動画ニュース| 女優の広瀬すずと俳優の西田敏行が11日、東映の東京撮影所で行われた映画『いのちの停車場』(年公開)の撮影現場会見に. See full list on cinemarche. メガホンをとった諏訪監督は、「2/デュオ」「M/OTHER」「不完全なふたり」などで知られ、特にフランスでの評価が突出している名匠だ。その演出術は独特であり、現場で生み出される空気感の虜になる俳優も多い。 諏訪監督は即興芝居の演出を用いながら、俳優たちに“自分のなかから沸き起こるもの”を表現することを求め、その場の空気をドキュメンタリーのように切り取っていく。今回は、大筋の台本はあるものの、毎朝その日の差し込み台本が追加されることが恒例となっていた。 だからこそ、本作に映っているのは“純粋な演技”ではなく、“俳優たちの心の動き”なのである。物語であり、同時にドキュメンタリーでもあるという二面性が、見る者を得も言われぬ体験に導いていく。 ハルは旅路を経て心の傷を癒やしていくわけだが、ハルを導く人々を演じる面々は非常に豪華だ。西島秀俊は「2/デュオ」以来、約22年ぶりの諏訪組。クルド人コミュニティと交流するという、難しいシーンにも果敢に挑み、「俳優としてどうすればいいかわからなくて、ヘコみました」と試行錯誤しながらも、切実な個人の揺れを実直に体現した。 福島県郡山市出身の西田敏行は、本作では諏訪監督の要望を受け、ほとんどのシーンを即興で演じきった。つまり“真の言葉”が、カメラに収められているのだ。 また、多くのシーンで登場人物は“何かを食べている”。食べる演技は、実は意外と難しい。セリフを言いつつ食べるペースを考え、表情の芝居などと両立させねばならないからだ。なかでも三浦友和の食事は白眉だった。対峙するモトーラの発言を受け、「もぐ、もぐ」と2回、ゆっくりと咀嚼する場面がある。その咀嚼に、その時の感情がすべて集約されているのだ。 紆余曲折を経て風の電話にたどり着いたハルは、黒電話を手に取り、思いの丈を打ち明ける。そこでどんなセリフを話すのかは、ハルと同じく旅を通じて成長していった、モトーラ世理奈に任されていた。 ハルすなわちモトーラの独白は10分以上も続き、カットがかかった。彼女の“ハルとしての旅”も、ひとつのピリオドを迎えた瞬間だった。スクリーンに映る“その瞬間の集積”“その言葉”の数々を、あなたはどのように受け止めるのだろうか――。. 。.

俳優の西田敏行と女優のモトーラ世理奈が26日、都内で行なわれた映画『風の電話』(年1月24日公開)の完成披露試写会に登壇。 同作で主演を. 先日 岩手県大槌町で開催された映画『風の電話』の上映会に続いて、昨日 12月26日に都内イイノホールで完成披露舞台挨拶付試写会開催されました。 左から 西田敏行さん、三浦友和さん、モトーラ世理奈さん、西島秀俊さん、諏訪敦彦監督 今回は、主演のモトーラ 世理奈さん(以下、世理奈. 西田敏行のプロフィール西田敏行(にしだ としゆき)・1947年11月4日生まれ,福島県郡山市出身。・日本の俳優、歌手、タレント、司会者。・勲等は旭日小綬章。・株式会社オフィスコバック所属、協同組合日本俳優連合理事長、日本アカデミー賞組織委員会副会長。Wikipedia西田敏行の名言 30選. こんな風に、ファンタジー仕立ての話にすることで、 説教じみないようにしながら、優しく、囁いてくれている、気がしてならない。 人って、豊かになりたい、って思うことは、決して、悪い事ではない。. 学校ii 風になりたい 西田敏行、辻井伸行のピアノ演奏に感涙 松坂桃李「勇気を頂いた」 映画「マエス. 映画と音楽も. 俳優・俳優・俳優「西田敏行(ニシダトシユキ,Toshiyuki Nishida,ニシダトシユキ,Toshiyuki Nishida)」が携わった映画96作品を紹介。「新解釈・三國志(年12月11日(金)公開)」の語り部。「風の電話(年1月24日(金)公開)」の出演(今田 役)。. 西田敏行さんの福島弁で話す言葉は心に刺さりました。 昔の映画警察日記のシーンの田園風景がキラキラしていたと相馬がロケ地だったとの事。 また戻れるのかなぁというシーンには涙が止まらなかった。 私も思っていた事だったから.

モトーラ世理奈、西島秀俊、三浦友和、西田敏行が出演する映画『風の電話』の製作が決定。 映画 邦画ニュース. 西田敏行さん主演『星守る犬』(年6月3日、朝日新聞夕刊 3面「映画 art&culture」インタビュー) 映画『星守る犬』公開記念対談 西田敏行× 村上たかし (年6月3日、 朝日新聞 朝刊全面広告10面). · 本日公開、映画『風の電話』。 とても、とても素晴らしい映画でした。 感想を言うのも憚られる位。 とにかく観て感じていただきたいです。 秩父にも所縁のあるカトウシンスケさんもご出演されております。 心に残る大切な映画になります。.

映画『旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ』の主題歌「夢になりたい」を収録した5曲入りep。優しく穏やかなヴォーカル・メロディが印象的なナンバーで、カラオケや主演の西田敏行がヴォーカルのヴァージョンなどの、ラグタイム風の明るく華やかなアレンジが楽しい。. (C) 映画「風の電話」製作委員会 年3月11日、東日本大震災。地震による津波は、東北地方の太平洋沿岸部を中心に壊滅的な被害を与え、福島第一原子力発電所事故を巻き起こしました。死者1万5897人、行方不明者2532人を出した未曾有の大震災です。 その日、岩手県の大槌町にいたハルは、9歳でした。津波で両親と弟を亡くし、ハルは広島の叔母・広子の元へ引き取られました。 あれから8年。ハルは喪失感を抱えたまま17歳になっていました。高校では、これからの進路を考える時期です。 叔母の広子は、そんなハルを温かく見守ってきました。「ハル。こんどの連休、大槌に行こうと思うの。一緒に行く?」。 広子の誘いに頷くことが出来ないハル。学校に行く朝は、玄関で広子と抱き合わなければ外へ出られないほど、ハルの心は不安を抱えた状態でした。 ある日、ハルが学校から帰ると、コンロにかけられたやかんが沸騰したまま放置されています。「広子さん?」 広子は、家の中で倒れていました。「広子さん、広子さん」。ハルは顔面蒼白で広子の手をさすり続けます。 広子は、命は取り留めたものの、意識不明の状態です。「どうして全部奪うの」。ハルは、病院を出て、ふらふらと歩きだします。 立ち入り禁止の看板が立つ、土のうが盛られた土砂崩れの山道を、ハルは進んで行きます。 「お母さん、お父さん会いたいよ。嫌だよ、嫌。何で全部奪うの」。悲痛の声を上げ、泣き叫ぶハル。 疲れ果て寝そべるハルの元に、一台の車が通りかかりました。運転手の男・公平は驚き、家に連れ帰ります。 公平は、広島で豪雨災害にあった地区に住んでいました。家は残ったものの被害は相当なものでした。 10年前妹が自殺、父親も亡くなり、妻は子供を連れて出て行ってしまいました。現在は認知症の母親と2人暮らしです。 どこから来たのか言わないハルに、公平は夜ご飯を勧めます。「生きてんだから食わなきゃな」。 公平の母親はハルのことを死んだ妹・あやこと勘違いしているようです。ぼつぼつと広島に原爆が落とされた日のことを語り出す母親。 ハルは、戦争の犠牲者も骨が残らなかったという事実を知りました。 西田敏行 映画 風になりたい 駅までハルを送った公平は、「死ぬなよ」と声をかけます。自殺した妹のあやこと同じ目をしていたハルのことが心配なのでした。袋に入ったミカンを渡します。 「はい」。ハルは、ためらい. 斉藤光正監督、西田敏行主演、金田一映画「悪魔が来たりて笛を吹く」について 来月スカパーのチャンネルnecで『角川映画35周年記念』で70年代から、80年代前半つまり「横溝正史ブーム」の中制作された金田一. ★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓ add_user=maidigitv 俳優の. 風の電話』 監督/諏訪敦彦 脚本/狗飼恭子、諏訪敦彦 出演/モトーラ世理奈、西島秀俊、西田敏行(特別出演)、三浦友和ほか 配給/ブロード.



Top news